「更年期の乗り越え方」memo

更年期の治療の一つ(ホルモン療法)

更年期のつらい症状は治療によって
軽くすることもできます。

 

基本的には患者さんの希望や環境、合う
合わないを考えて医師が提案しますが、
もし、こういう治療をやりたいというのが
あれば最初にしっかり伝えることが大事
です。

 

 

その中で

 

「ホルモン補充療法」(HRT)

 

は分泌の少なくなったホルモンを外部
から補充してあげるというものです。

 

 

効果としては即効性があるものです。

 

 

早い人であれば2か月ほどで症状の
改善がみられるでしょう。

 

 

  • 注射
  • 塗り薬
  • 貼り薬
  • 飲み薬

 

 

などがあります。

 

 

特に効果が出やすい症状は

 

 

  • ほてり
  • 発汗
  • 動悸

 

 

などの症状です。


ホルモン補充療法の注意点

ホルモン補充療法は、更年期のつらい
症状を緩和するためには一番効果を
感じられるものかもしれません。

 

 

しかし注意点もあります。

 

 

まず薬を使う治療なので定期的に
病院へ通わなくてはならないです。

 

それと副作用があることもあります。

 

  • 乳房のはり
  • 不正出血
  • むくみ

 

 

ホルモンのお薬を使うことで婦人科の
検診(乳がん、子宮がん)を定期的に
受ける必要がある

 

 

ということです。

 

 

自分勝手な判断は治療において
タブーです。

 

細かなことも通院している病院の医師に
確認して一つ一つ治療を進めていき
ましょう。